AKの暑中見舞い


Webデベロッパーとは


webデベロッパーとはなにかを簡単に紹介すると、ウェブサイトの構築をメインに、プログラミングでウェブサイトを作り上げるのが主な仕事の職業です。


具体的にはHTMLやCSSを使い、ウェブサイトを形にして公開できるようにするのが特徴です。


またJavaScriptのようなスクリプトを含むプログラミング言語に精通していたり、メンテナンスの知識を併せ持ちます。


設計や実装に運用や保守と、プロジェクトの早い段階から関わることになるので、必要な知識や技術は膨大です。


設計にも従事する以上は、当然ながらUIやUXについても知らないといけないので、デザイン方面の知識も不可欠です。


それから、いわゆるシングルページのアプリケーション開発、会員制サイトの構築など仕事は様々です。


ただ単にHTMLとCSSの知識があれば務まる職業ではなく、アンテナを張る領域を広げて、常に最新のウェブサイトについて精通することが求められます。


webデベロッパーを目指す場合、必要となるスキルにはHTMLとCSS、JavaScriptを始め、PHPやRubyにPythonなどのプログラミング言語が挙げられます。


勿論、これらはあくまでも一部に過ぎませんし、知識だけでも広く知っていた方が戦力として採用される可能性が上がるでしょう。


webデベロッパー複数人で、エンジニアと共同で作業をすることが多い職業だといえます。


つまり、コミュニケーション能力とチームワーク力も問われるので、ひとりだけずば抜けた能力を持っていても務まらないです。


プログラミングはサーバーサイドでも行うことになりますから、データベースやクラウドなどと共に、こちらの方面の知識も必須です。


近年はいわゆるローコード、ノーコードといった開発が注目を集めているので、これらに関する知識も必要になるでしょう。


しかし、いつでも1からウェブサイトを構築するとは限らず、時にはWordPressのようなソフトウェアを活用して、開発の手間とコストを抑えることもあります。


結局のところwebデベロッパーは限られた人員や予算の中で、必要なものを形にしなくてはいけませんから、手を抜いても良いところは抜きます。


それは決して悪いことではなく、むしろ注力するところには注力できるメリハリが持てる人の方が、この職業と仕事に向いているといえるでしょう。


とにかく求められる知識や作業が多いことから、大規模なプロジェクトでも最後まで従事して完遂できる人材が重宝されます。

 


AKの暑中見舞い